お子様にも必要な成分です

気力や集中力を高める

サプリメント

DHAはマグロや鯵、秋刀魚などの魚類に含まれている脂のことで、不飽和脂肪酸の一種です。常温では固まりにくい性質を持っているので、血流を良くする働きがあるので、脳を活性化させて、気力や集中力、記憶力を高める働きがあります。生活習慣病のリスクが高まる中高年以降の人はもちろん、成長期のお子様にも欠かせない成分になっています。現代は食生活の欧米化が原因で、肉類などの脂を摂取する機会が増えていますが、コレステロール値や中性脂肪の数値が高くなりやすく、動脈硬化などの原因になってしまいます。魚類に多く含まれているDHAは、酸化しにくい脂なので、血管に負担が少なく、血液をサラサラにする働きがあります。現代は数多くのお店で、DHAのサプリメントが販売されており、飲みやすいカプセル状の形状になっており、臭いや味もないので、無理なく続けられます。30代半ばを過ぎると健康診断で、コレステロール値や中性脂肪の数値が高めだと指摘されている人が多く、生活習慣を改善する必要がありますが、食生活をすぐに見直すのは難しいケースがほとんどです。以前に比べると魚が食卓に上がる機会も減少しているので、DHAのサプリメントで補う習慣を付けると良いでしょう。若い年代の人は、ファーストフードなどの外食が多く、栄養が偏りがちな人が多いので、一日に適量を服用すると良いでしょう。DHAは物忘れを防ぐ効果が期待できるので、認知症予防に役立てたい人にもお勧めです。

酸化防止の成分が配合

レディ

DHAは正式名称ドコサヘキサエン酸といい、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸の1種です。そのDHAは魚、とくに青魚に多く含まれる成分ですが、最近では魚を食べない人も増えてきています。そして調理の仕方によっては十分なDHAを摂取できないこともあります。そのような場合にサプリメントが役に立ちます。しかしサプリメントもいろんなメーカーから販売されるようになり、DHAだけでも多くの種類が出ています。たくさんある中でどれを選んで摂取すれば良いのかわからないという人は多くいます。ではどのようなサプリメントを探して摂取すればよいのかといいますと、そのサプリメントにビタミンE又は抗酸化作用の力のある成分が配合されているかどうかです。実はDHAはとても酸化しやすい成分で、ビタミンEや抗酸化作用効果のある成分が配合されることによりその酸化を防ぐ働きを行います。酸化したものを摂取すれば、血行が悪くなるなど今度は逆に体に悪影響を及ぼします。たくさんのメーカーから販売され、どれを選べばよいかわからない場合はビタミンEなど抗酸化作用効果のある成分が配合されているかどうかをチェックしながら選ぶと絞っていくことができるようになります。そのほかで選択するためのポイントでは、相乗効果を期待できる成分も配合されているかで、さらに強い効果を期待することができます。たとえばDHAと一緒にEPAという成分が配合されていれば、血行促進効果やコレステロールを下げる効果などさらに引き出すことができます。

魚の油を取り入れる

婦人

DHAを摂取することで、頭が良くなるといわれています。なぜ頭が良くなるといわれているのかといいますと、DHAを取り入れることで脳内神経細胞の1つであるニューロンの生成につながっていくためです。ニューロンを生成し、脳内神経細胞が活発化し、記憶力や集中力を高める効果を出していきます。だから頭が良くなるといわれています。そのDHAは魚の油にたくさん含まれる成分で、主に青魚に多いといわれています。イワシやサバ、マグロにも含まれており、食べるだけで脳に良い影響を与えてくれます。実はDHAは自分の体で生成されることは無く、外部から摂取するしかありません。食材から取り入れ脳を活発化させることで、ストレスを軽減させたり、集中力が高まり作業に対するミスを減らすこともできます。そのDHAが豊富に含まれる魚は、どのように食べるのが一番良いのかといいますと、刺身で食べることがベストです。焼き魚で食べる人もいますが、焼き魚を作る際に油が滴り落ちてくることがあります。その油にDHAが含まれているわけで、実はとてももったいないこととなります。もし焼き魚を食べたいのであれば、照り焼きにして食べるとDHAも同時に摂取することができるので、良い調理法となります。魚で食べるほかにもサプリメントで摂取する方法もあり、サプリメントであれば学校や職場に持っていくこともできますし、脳を活性化させるために手軽に摂取できるようになっています。