DHAでより健康に

選ぶポイントと注意点

女の人

「頭に良い」「血液がサラサラになる」など、DHA(ドコサヘキサエン酸)はすっかりと定番になりました。効果の中には、科学的にしっかりと検証されているものもあります。例えば、心筋梗塞のリスクを減らす効果などです。厚生労働省が発表する「食品摂取基準」に定められた推奨量を満たすには、1日あたり90グラムの魚を食べる必要があります。最近、日本人の多くが魚不足といわれており、足りない分はサプリなどで賢く補っていきましょう。DHAのサプリを選ぶ際には、信用できるメーカーかどうかをきちんと見分けましょう。まず、含有量の記載がなされているか確認してください。先ほどあげた食品摂取基準によれば、 DHAとEPAとを合わせて 1日あたり1グラム摂ることが望ましいということです。いつもの食事でその半分ほどを摂取しているとして、サプリとして400ミリグラムは必要でしょう。また、DHAは酸化しやすいので、酸化防止剤(ビタミンEやCなど)を配合しているか、パッケージに工夫しているものなどを選ぶといいでしょう。心配な人は、メーカーのホームページなどで自社製品について丁寧な記載がなされているか、情報提供は十分かなどを確かめてみてください。DHAサプリの効果をより高めるために、気をつけておきたいポイントがあります。DHAは脂溶性なので、空腹時は吸収されにくいです。食中もしくは食後すぐに飲むようにしましょう。食品には脂質が含まれますので、吸収率を高めることができます。酸化を防ぐために、日光を避け冷暗所などに保存して、賞味期限内に使いましょう。

得られる健康効果とは

男女

マグロやサバなどの背の青い魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸の1つが、DHAです。DHAは、人の脳に大量に含まれており、そのことから知能と関係があると言われています。また、その他にも子宮や目や心臓などの体の重要な部位にも含まれている成分です。DHAは、年齢を重ねてくるとどうしても不足してしまい、不足するとさまざまな病気の発症リスクが高くなると言われています。それだけ、人の健康には欠かせない成分であり、毎日の食生活で十分な量をとるようにしたいものです。DHAは魚油に多く含まれているので、魚が嫌いな人はどうしても不足してしまいます。そこで、魚が嫌いでDHAが不足してしまう人はサプリメントで積極的に補うといいでしょう。サプリメントだと、青魚の臭いがしないので飲みやすいです。さまざまなメーカーから、飲みやすいように工夫されたサプリメントが各種販売されています。サプリメントでDHAを積極的に摂取するメリットには、中性脂肪の減少や血小板凝集をおさえることができる点です。中性脂肪を減少させることができれば、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病のリスクを減らすことができます。そして、血小板凝集をおさえることができれば、脳梗塞や心筋梗塞になるリスクをおさえられます。DHAのサプリメントを選ぶときは、特定保健用食品と記載されているものがおすすめです。理由は、国がそれらの食品類を調査し科学的な裏付けも行っているので、安心して摂取できるからです。

吸収効率が重要

メンズ

DHAとは脂質の原料となる栄養素の一つで、生きていくために必要な必須脂肪酸に分類されています。必須脂肪酸は大切な栄養素ですが、体内ではほとんど作られないという特徴があります。そのため、DHAを多く含んだ食品を摂取することで補う必要があります。DHAを多く含んでいる食品として、イワシやサバといった青魚が挙げられます。特に旬の時期であれば脂分が多く、より多くのDHAを摂取することができるので旬の青魚を摂取するのがオススメです。また、サプリメントとしても販売されており、手軽に摂取できるようになっています。DHA入りのサプリメントならば、決められた量を服用するだけで十分な量を摂取することができるのでオススメです。特に、魚を調理するという手間が掛からないため、忙しい方でもしっかりと栄養補給ができる点が魅力となっています。サプリメント選びのコツとして、抗酸化作用のある栄養素が同時に含まれているものを選ぶことが挙げられます。DHAは酸化しやすいという性質があり、酸化してしまうと効果を失ってしまいます。そのため、高い効果を得たい場合はビタミンEなどが同時に含まれているサプリを選ぶのがオススメです。また、DHAの効果を高めるためには、吸収効率を上げることも重要と言われています。食後であれば胃腸の働きが活発となっているので、吸収効率がとても高くなっています。胃腸への負担も軽減することができるので、食後に摂取するのが最も良いと言えるでしょう。