体と脳に欲しい成分

飲む際に注意すべきこと

夫婦

不飽和脂肪酸であるDHAには血中成分に作用して血液をサラサラにする効果があります。そのため、日常的に摂取することで、コレステロールや中性脂肪を減らす働きが期待でき、その結果として動脈硬化も予防できるのです。さらに、DHAには脳の神経細胞に作用して、記憶力をアップさせたり、脳の老化を抑える効果もあります。近年の研究ではアルツハイマー型認知症の改善にも役立つとされているため、脳の健康のためにサプリメントを利用する方が増えています。DHAをサプリメントで摂取するときに気になるのは、過剰摂取やアレルギーなどによる副作用でしょう。基本的には自然由来の成分であるため、適切な摂取量を守っていれば、重篤な副作用が出ることはありません。ただ、サプリメントを一度に大量に摂取した場合に限り、吐き気や下痢を起こしたり、血が止まりにくくなるといった副作用が報告されています。もっとも健康な方で、このような症状が出ることは極めて稀ですので、普通は安心してサプリを飲むことができるでしょう。しかし、血液凝固阻止剤や血圧降下剤薬を服用している方に関しては、DHAを摂取量するときに特に注意する必要があります。もし、このような方がDHAの摂取を考える際は、必ず担当の医師に相談してください。DHAそのものは極めて安全性の高い成分ですし、魚など普段の食事からも摂取していますから健康な方であれば全く問題ありません。アレルギーに関しても、DHAというよりは、使われている原材料に原因があることが多いので、必ず成分表を確認してください。自分にとってのアレルギー成分が原材料として使われていなければ、こちらも全く心配する必要はありませんし、毎日飲み続けることで体や脳に良い効果が出るでしょう。

お子様に欠かせない成分

女性

DHAは、鰯や秋刀魚、マグロ、カツオなどに含まれている脂のことで、不飽和脂肪酸の一種です。肉類に含まれている脂に比べると、酸化しにくい性質を持っており、血流の流れを促進する働きがあります。現代は食生活が大きく変化をしており、魚類が食卓に上がる機会が減少していますが、成長期のお子様には欠かせない成分のひとつです。DHAは脳の血流を促進する働きがあるので、記憶力や集中力を高める働きがあるので、受験生の人はもちろん、認知症を予防したい高齢者も積極的に摂取する必要があります。30代、40代を過ぎると、若い頃に比べると体重が5キロ前後増えた人も多く、メタボが心配な人も増えてきます。運動不足気味で体重が増加した人は、中性脂肪やコレステロール値が上昇しやすくなります。DHAには中性脂肪やコレステロール値の上昇を抑える働きがあるので、動脈硬化などの生活習慣病を予防する働きがあります。毎日魚を食べるのは難しい人が多いですが、数多くのお店でDHAサプリメントが販売されているので、一日に適量を飲む習慣を付けると良いでしょう。人気のメーカーの商品は独自の製法で作られているので、魚臭さなどがなく、飲みやすい形状の商品が揃っています。動脈硬化や心臓病などの血管の病気を予防するためには、不飽和脂肪酸のDHAは、適量を補う必要があります。血圧の上昇が気になっている人や、将来の病気が心配な人にお勧めのサプリメントです。

万能な成分

栄養補助食品

体に良いと言われる成分はいろいろありますが、DHAは特におすすめの成分です。DHAは別名をドコサヘキサエン酸と言って、魚の油に多く含まれる成分です。そして必須脂肪酸と呼ばれるオメガ3脂肪のひとつでもあって、不飽和脂肪酸に分類されるもののひとつです。DHAを摂取して得られる効果は沢山あります。コレステロールの低下や中性脂肪の低下、動脈硬化の予防などにも役立つ他、高脂血症や高血圧にも良いとされ、血栓を抑制する事から脳梗塞の予防にも良いと言われています。また一昔前に流行った頭の良くなるサプリと言われていた時代があるように、実際に学習能力が向上したりするという効果もあるので、体に良いだけではなく勉強を頑張りたい人にも効果のある成分だという事が分かります。また心に元気が無くなってしまった人、うつ病を患ってしまった人にも良い作用をする成分でもあります。他にもDHAはアルツハイマー認知症の予防や改善や生活習慣病の予防にも良いと言われています。ここまで万能だとどんな状態の方が飲んでも何らかの効果を得られるのがDHAだという事が分かるでしょう。DHAはサプリとして販売していて錠剤型になっている事が多く、またEPAと一緒に配合されたサプリとして販売されている事も多いです。とても有名なサプリなのでドラッグストア等でも気軽に購入できるほど、どこにでも置いてあるサプリです。生活習慣が気になる方や健康を維持したい方はDHAサプリを摂取して健康な毎日が送れるようにしましょう。